モズがアブラコウモリを襲う季節

今年はモズの高鳴きをあまり聞かないけれど、滞在している個体はいるようだ。今日は珍しく鳴いていた。そして夕方、アブラコウモリが出てくると、近くを飛んだのは、モズだったような・・・襲おうと思ったのかもしれない。貯蔵食物(はやにえ)も不足してきた頃の貴重な食物だから。 にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村
コメント:2

続きを読むread more

ヒガシウォータードラゴン

パラマタ公園でよく見かけたヒガシウォータードラゴンPhysignathus lesueurii 記載標本はパラマタで採集された(J.E. Gray in 1831 first described the Water Dragon species in Australia. The original specimen was t…
コメント:2

続きを読むread more

シドニーでよく見る鳥6

どこにでもいるワライカワセミDacelo novaeguineae 公園などでよく見かけたズグロトサカゲリVanellus novaehollandiae これも公園で見かけるレンジャクバトOcyphaps lophotes これもよく見かけるヨコフリオウギビタキRhipidura leucophrys …
コメント:0

続きを読むread more

シドニーでよく見る鳥5 インコ、オウム類

賑やかに鳴いているのはインコ、オウム類が多い。 日本ではペットでもよく見るキバタンCacatua galerita。 芝生で群れていることが多いテンジクバタンCacatua tenuirostris。英語名Long-billed Corellaというように上の嘴が長く伸びている。 モモイロインコEolophus…
コメント:2

続きを読むread more

『学習まんが ドラえもん ふしぎのサイエンス 音のサイエンス』

ドラえもんやのび太たちがアブラコウモリに乗って町を飛びまわります。のび太がアブラコウモリから落ちそうになって口を塞いだので超音波がうまく使えなくなって、アブラコウモリがよろよろ飛ぶのがオチ。 夕志のアブラコウモリの写真も使われています。 https://amzn.to/3S53KAx にほんブログ村にほんブログ村にほん…
コメント:0

続きを読むread more

空飛ぶ龍

昨日の「ダーウィンが来た!」を見ていたら、ボルネオのグヌンムルの洞窟から飛び出すコウモリの群れがでてきた。 アップではグールドカグラコウモリHipposideros cervinusがでてきていて、龍のように立ちのぼるコウモリの説明は何もなかったけれど、グヌンムルには10種類以上のコウモリがねぐらをとっていて、あのように立…
コメント:2

続きを読むread more

シドニーでよく見る鳥4 クロガオミツスイの水浴び

クロガオミツスイManorina melanocephalaは英名Noisy Minerというがその名の通りうるさい。ただ声の表情が豊かでいろいろな声をだす。すごく気が強くて自分より大きなオオオニカッコウやミナミワタリガラスやカオジロサギなどにも飛びかかって追い払う。 川辺でオオコウモリが飛び込むのを見ていると、このクロガオミ…
コメント:0

続きを読むread more

シドニーでよく見る鳥3

オーストラリアクロトキThreskiornis moluccaは早朝町中でねぐらに帰ってくるオオコウモリを待っていると、ゴミ漁りをしている姿をよく見るが、公園でもよく見かける。 オーストラリアヘビウAnhinga novaehollandiaeはヘビのような首をしている。首から上だけだして泳ぎ、そのまます~と水面下に沈んで…
コメント:0

続きを読むread more

シドニーでよく見る鳥2

タテガミガンChenonetta jubataはなんでガンという和名がついているのだろう。まあ姿勢とか雰囲気的にガンの縮小版に見えなくはないけど、カモ亜科だし英名はAustralian Wood Duckなのだけど。 ハイガシラオオコウモリが着水するコースにいる時はオオコウモリの方が遠慮している。 マミジロカルガモA…
コメント:0

続きを読むread more

シドニーでよく見る鳥1

ネッタイバンGallinula tenebrosaは日本のバンとよく似ている。ゴミを集めて巣をつくっていたり、 子連れだったり 一見にているけれど、こちらはオーストラリアセイケイPorphyrio melanotus オオバンFulica atraは日本と同種 にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more