シドニーでよく見る鳥5 インコ、オウム類

賑やかに鳴いているのはインコ、オウム類が多い。

日本ではペットでもよく見るキバタンCacatua galerita
23R_B298385.jpg

芝生で群れていることが多いテンジクバタンCacatua tenuirostris。英語名Long-billed Corellaというように上の嘴が長く伸びている。
23R_B287882.jpg

モモイロインコEolophus roseicapillaも日本でペットで見かけたことがある。Lake Prramatta Reserveという公園の木の洞に営巣していた。
23R_B298290.jpg

キンショウジョウインコAlisterus scapularisもLake Prramatta Reserveで見かけた。
23R_B298377.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へ
にほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

Kazuya
2024年01月24日 13:10
いつもブログ見させてもらっています。以前メルボルンにいたときに、キバタンとテンジクバタンの合いの子がいました。見つけた時の動画や写真もあります。どちらの鳥からも邪険にされて可哀そうでしたが、自然でこんなことは良くあることなのでしょうか?
大沢啓子
2024年01月24日 14:59
カモの合いの子とかはよく見るけどどちらの種ともつきあってるように見えますけどね。

すみません。オウムの合いの子は全く知識がないものでわかりません。